olvaの暮らし

olva_kurasi_top2

 

olvaの入居をstartしました。

 

森に暮らす

町をつくる。

olvaは、便利さと自然が調和する「近い田舎」の荒地や使われなくなった田畑を
森に変え、そこにオーガニックな考え方で家を建てて住人を募り、
新しい町をつくろうというプロジェクトです。

 

20150521olva_0009niwa

 

それは、朝、目がさめたら小鳥の鳴き声が聞こえる暮らし。
大きな樹木に見守られながら、仲のいい友人や子どもたちと
何気ないひとときを楽しむ時間。
ジューンベリーやヤマボウシの緑を見上げると、その上に青い
空と真っ白な雲が浮かんでいて、思わず深呼吸したくなる。
そんな昔に戻ったような、それでいて新しいコンセプトの町。
IMG_4460_webolva

 

足下にはウッドデッキ。テーブルを持ち出してティータイムを
楽しむのもいいし、歩いてすぐのわが家に戻って、自家菜園から
食べごろになった野菜をもぎってきて、サンドイッチをつくるのもいい!

 

olva_top2

 

森に暮らす、町をつくる。

olvaは、そんな日々の暮らしを提案する新たなコミュニティです。
中心に大きなウッドデッキがある森に包まれるように佇む家々たち。
その森を通って、わが家に帰ります。

 

niwahana

 

6戸それぞれの家はメゾネットタイプになっていて、戸建て住宅のよう。
各戸にはそれぞれ専用ガーデンが設けられているので、自家菜園
なども。

 

habu

 

樹木は家族の姿と重なるように月日の中で成長し、自然に触れる
ことで、やさしい感性も育まれていくことでしょう。

もし、こんなコミュニティが増えていったら、
素敵だと思いませんか?

森に暮らす、町をつくる場所。
そこで世界を見つめる日々。人々との関わりを広げていくこと。

それが、olvaの暮らしです。

 

IMG_4493web

 

olvaの小さな心がけ

 

この場所で快適に暮らしていただくために、olvaの心がけを設けました。
これは厳格な規約や押しつけではなく、住人の小さな心がけで、
この場所を快適に保つためのみんなの『心の思い』です。

①各戸の専用ガーデンは積極的に活用しましょう。

②住民どうしは必ず挨拶をし、普段から顔見知りになりましょう。

③時々は住民みんなで食事会などをしましょう。

④共用部の「olvaの森」にはゴミを残さないようにしましょう。

⑤敷地内の樹木の手入れや清掃は定期的に管理会社が行いますが、
ゴミなどがある場合は各自が片付けるようにしましょう。

 

樹木の手入れをしたり空き地にハーブを植えたりする〝楽しみ〟を
手に入れたいという住人の方は、管理会社にご一報を!
快くおまかせしたいと思います。

以上です。
小さな5つの心がけですが、こんな習慣がolvaの暮らしを気持ちよく
するのだと思います。

 

20150521olva_0036